まさかの日記

最近まともな文章しか書けなくなってきました

カテゴリ: 体調不良履歴

つまり良い。

かかとをつけたまましゃがめるようになった。
つまり足首の柔軟性が高まった。
(前は出来なかった)

平日でも下手すると10キロは歩いている。

今年は本当に薬飲んで無いが、耐えられている。まあ先週から土日はほとんど昼寝しかしてないが、泣き言を言わずに我慢できている。

いざというときに飲もうと思ってた、去年大量に処方してもらってた薬がどこにも無いが、気にしない




薬を飲まなくても鼻は乾く、ということを知った
薬で鼻が乾いてるんだとずっと思ってた。

鼻の粘膜が炎症を起こして、そこに鼻毛などが刺激を与えるのではと思い鼻毛を高頻度に刈っている。

結局、くしゃみが出るのは鼻水が飲まなくてせいなので、鼻水が出始めたら上を向いて喉側に流す。

3月くらいから目に来るかゆみには、湯気を当てつつ、乳液をぬる。最近薬局で売ってる、目が痒い時用の塗り薬はどうなんだろう

周りがざわざわしてると人の声が聞き取りにくいタイプの難聴であることに気付いてからは精神的に楽になった。


あと、技術系の話をすることが日常にほぼ無いので、耳からの入力にスムースに対応することが難しかったが、ポッドキャスト聞くようになってからは若干改善している

なのだが、おそらく縫った糸と思われるものによりぶら下がった状態になっており、これを引っ張ってみたところ、糸がほどけて勢い良く中身が飛び出してくる場面を想像してしまい、果たせずにいる。

毎朝飲めと言われて渡された薬を飲むと1時間は落ちるのだが。社会復帰できるのか?乞うご期待

今日は寝ずに耐えられるか試したが、やはり落ちました。あと20日ぶんくらいあるのだが大丈夫か

自分が。体調悪い時の仕草とか、ご飯の食べ方とか。


以下、↑こう思ってから数日後に追記。
似てない点もあるが、それは純粋に体力的なものかなという気もする、という話。

というのも、父親は割と冗談を言って人を笑わせようとする人間なのだが、母親に対してはそうしない。母親も慣れきってしまっておりそれを普通に受け入れている。

で自分はというと、今回余力が無くなった状態になってみて、家の人を笑わせる余裕はなくて、ぞんざいな感じになってました。という話。




ああ、そこまでややこしい話じゃ無くて。。
単に、自分が看護師さんと喋ってるのを家の人が横で聞いてる構図が、実家でよく見る風景と似てるなあと思った、というだけの話。、

ってのを初体験した、そういえば。

映画とかでよく有る、普通の風景(とは言っても手術室で麻酔マスクしてるのだから日常とは離れてるけど)から、一転して、ストレッチャーで運ばれながら「わかりますか?!」って言われるという。

回転性めまいみたいな感じで効いてくるので、気持ち悪い、、と思ったら次の瞬間に「わかりますか?!わかりますか?!」と起こされ、2時間くらい経ってる、ていう感じで、できれば二度とやりたくないですな。、

みたいなことを取引先の営業さんか何かに言ってる夢みてた。

超切れ者の同僚も横に居て、その三人分の会話シミュレーションを脳内でやっててCPU振り切ったぽい。

目が覚めたらゼイゼイ息が切れそうなくらい呼吸が荒いし。


強い薬飲んで寝てると、変な夢見るなあという

X線とか心電図とか。なかなかめんどくさい。朝ごはん抜かないといけないし。

あと、遠近両用メガネはいらなかったかな。。小さい字を見るときはメガネ外せばいいし。

これはネットとかで調べてみればわかる、本屋とかで探してもらうと同じこと書いた本が見つかる、みたいなことをよく言われる。
独自判断ではないと強調したいのか

若干リスク高めの病気の疑い、それと、やや感情が表に出る感じになってるぽい、というのと(つまり認知系の何かですかね)。

別カテゴリ作るかな、という気もするけど、あとでこれ系だけ読み返すのも辛そうなので、やめとこ。

1日半絶食する検査入院したなど。出てきてから腹が減って仕方がない。夢の中で、トマトにモッツアレラチーズを載せて食べてた。

ほぼ同じタイミングで父親も入院する事になり、その偶然にちょっとビビる。
しかも、ほぼ同じ時間帯に、同じようにちょっと硬めのうどんを食べ、同じように残したりしてたぽい。

病院のベッドが小さかったせいか、あるいは点滴ずっとされてたからか、全身筋肉痛。もしかしたら、検査の時に無意識ながら結構暴れてたらしいので、そのせいかも。。

2/28あたりから症状がではじめたのでアレジオン摂取、三日連続で飲んだ辺りで喉に激痛が走り一旦摂取停止、で3/4から微熱を伴う感じで完全グロッキー、現在に至る。
アレジオンは飲んでる。アレグラはあんまりよく無いらしい。。

若干悪化。でもわりとすぐ慣れた。

すぐ検査はしてもらってて、大丈夫ぽいとのこと。

このページのトップヘ