まさかの日記

最近まともな文章しか書けなくなってきました

カテゴリ:雑記 > 買い物

という名目でBeatsX買った。たかがワイヤレスイヤホンにこんな金額出すとは、なんというアップル信者

ワイヤレスイヤホン持ってるけど、常時肩に掛けとくにはイマイチだし、接続遅いし、イヤフォン部分にリモコンが有って使いにくいし、普段使うものだし良いかなと理論武装は完璧




色々やりくりしてついに買ったらしい。最初はあのスタンガン+掃除機みたいなのが候補に上がっていたが吸引力でやっぱりこっちになったぽい。

エルゴラピードの割と新しいやつもあったはずですがここ1年くらい使ってるとこ見たこと無い。。クイックルワイパーと、ダスキンのモップで充分ぽい。でもソファーとかカーペットとかベッドとか、あと床と壁の接合部分のすきまとかはさすがに掃除機じゃないと、というのは同感。

うちの住民税幾らだろ。

経済を大きくする税制 / SAFETY JAPAN [大前 研一氏] / 日経BP社
いま、政府の税制に対する考え方が変わろうとしている。それは主として住宅ローン減税の改正から読み取ることができる。

 先般、自民党税制調査会の柳沢小委員長は、2009年度の税制改正について、所得税だけでなく住民税からも税金を差し引ける制度を導入する考えを示した。この制度のポイントは、収めている所得税よりも多くの税金を控除できるようになることである。これが実現すれば大きな進歩といっていい。従来の住宅ローン減税は単に所得税から差し引かれるだけであったのだから。

 具体例で説明しよう。ある人が家を購入して、翌年50万円の所得税控除を受けられることになったとする。簡単に言えば所得税の納税額が50万円割り引いてもらえることになったわけだ。ところが、その人が収めている所得税が20万円しかなかった場合は、控除額も20万円となり、差額の30万円は消え去ってしまう。これが従来の税制だ。

 ところが新しい税制では、所得税だけでなく住民税からも税金を差し引いてもらえる。つまり所得税は20万円でも住民税が30万円以上あれば合計50万円の満額控除が受けられる。要するに、所得がそれほど多くない人でも住宅ローン減税の恩恵を受けやすくなるのだ。過去最大の住宅ローン減税である。

何気にこれはんまい。


たいやき 神田達磨/レッツエンジョイ東京
昔ながらの薄皮に、“羽”まで付いた、こだわりのたいやき
神田達磨のたいやきは、昔ながらの薄皮に、「皮が好きな人も多いから」と“羽”まで付いた嬉しい一品。パリッとした羽の部分はとても香ばしく、薄皮で包まれた鯛の身の部分には、程よい甘さのあんがたっぷり。

できたてを買ってその場で食べるのが一番おすすめだが、持ち帰りの場合は、蒸れないように、ホイルなどで包まず、オーブンやトースターで2〜3分温めるとさらに美味しく食べられる。



あんがちょっと甘すぎかな。もうちょっと甘くなくても良いかも。

ずばり電動(音波)歯ブラシ+エネループのセットでどうよ


OMRON音波式電動歯ブラシ シュシュマイクロビブラート HT-B201




SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1S



歯ブラシは自分でも使ってるけど、音波歯ブラシだとは知らなかった。
20000回転以上は音波歯ブラシと言っていいらしい。

これを買おうかな。この手のやつの中では結構良さげ。
ていうかちょっと価格からは信じられない多機能っぷり。

・無線LAN対応
・PCから直接FAX送受信可能
・PCからアドレス帳登録可能

モノクロ印刷だけしかできないけど、まあ充分かな。

BROTHER デジタル複合機 MFC-460CN

このページのトップヘ