地下駐車場だからか、身の危険を感じるほどの爆音だった