■趣味のherokuいじり。

Ruby版PaaSの"Heroku"で無料Railsホスティング環境を手に入れよう - Social Change!
で、"Heroku"の方は、なんと、Rubyのプラットフォーム運用サービスになっていました。

https://heroku.com/

どんなサービスかというと、自分で作ったRubyのWebアプリケーションを運用(ホスティング)してくれるというものです。私はRailsアプリケーションしか試してないですが、Rackの上で動くフレームワーク(Sinatraとか)なら何でも動くようです。既に、25000本のアプリケーションが動いているらしいですね。



■Herokuにuploadするときはssh関連がちょっといろいろ。

ssh公開鍵認証手続き
 ・DSA鍵(ssh version2)

% ssh-keygen -t dsa -C "任意のコメント"
 作成される秘密鍵: ~/.ssh/id_dsa
 作成される公開鍵: ~/.ssh/id_dsa.pub
(注意)
 秘密鍵は、以下のようにファイルのモードが「600」(オーナのみ読み書き可能)、または「400」(オーナのみ読み取り可能)となっている必要があります。

% ls -l ~/.ssh/identity
-rw------- 1 test test 541 Jul 17 2005 identity



■heroku keys:add とかやらないとうまくいかなかった

$ cheat heroku
keys # show your user's public keys
keys:add [] # add a public key
keys:remove # remove a key by name (user@host)
keys:clear # remove all keys



■DBの内容をupload できるっぽい。

herokuのデータベースインポート/エクスポートツール Taps - 森薫の日記
ローカルのデータベースの内容をherokuにインポートします。以下の例ではconfig/database.ymlのdevelopment環境のデータベースをインポートします。



■mysqlのユーザ作成とか。毎回忘れてしまう

MySQLのデータベース作成とユーザー作成
MySQLを インストールして、セットアップしたら、
まずはデータベースを作り、そしてそれを利用するユーザーを作成します。