まさかの日記

最近まともな文章しか書けなくなってきました

2007年10月

こないだの土曜の14:00に買い物をして、裾直しに1時間って言われたため、その隙に渋谷アポーストアで購入、15:30に直した服を受け取ってそのまま帰宅、インストール開始がここ↓

Twitter / masaka: そして一切バックアップも取らずにアップグレードインスト...
”そして一切バックアップも取らずにアップグレードインストール開始”
04:32 PM October 28, 2007


終了がこのへん↓

Twitter / masaka: 初回起動時のMacOSX設定アシスタントのムービーをも...
”初回起動時のMacOSX設定アシスタントのムービーをもう一度観る方法は無いんでしょうか。ギザカッコヨス”
05:40 PM October 28, 2007

というわけで何のハマりもなく終了。
バックアップも一切取らず、DVDメディアチェックとか平気でスキップで(お勧めしませんがw


今のところ目立った不具合は無いみたいです。
そもそもそんな変わったものは入れていないし。
KeyRemap4MacBookとかsmcFanControl、synergy、zebedeeくらいですが特にリコンパイルも無しにそのまま動いている。


感想ですが、まあこれは必須アップグレードでしょうね。
でもCPUとメモリは以前よりも高いものが要求されるみたい。なんとなくそう感じる。
私のMBPはメモリ1GBですが、アプリの切り替え時に一瞬スワップが発生しているような印象(もちろんメモリに空きはまだある状態で)。
単なるプロセスのコンテキスト切り替え的なものかもしれませんが。
機会があればメモリを2GBにしてみようと思っています(当面無さそうw


結論としては、とりあえず買っとけって感じでしょうか。

あと、今売ってるマックはLeopardプレインストールではないようですが、無料アップグレード権がついてくるみたいです(未確認情報ですが、多分本当)


MacOS X v10.5 Leopard

たまには書評しろと言われたので書く。


この本、意外とテレフォニー系とかマーケティング系の話題があって面白い。
そういう読み方もアリかも。

ていうか、この時代の人ってインターネットFAX(誰だろ。ガズーバの人かな)だったり、InterQだったり(現GMO)、結構電話系の技術ベースで、まず一発当てる、っていうのが多い気が。


もちろん普通に読んでも面白い。アマゾンの書評にも書いてあるけど、貸しはがしのリアルな話とか。

その後どうなったのか、続編もあるみたいだから読んでみたい気もするけど、書評ではイマイチっぽいからどうするかな。


社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由

このページのトップヘ