某社のアクセスログ解析セミナーに出席中。
パネルディスカッションをボーっとしながら聞いていたら、
リファラースパムって普通に作れるよなぁ〜と頭に浮かんできたので、
ちょっと検索してみました(会場は無線LAN完備)

で、世の中的には激しく既出みたいですな(あたりまえ

Referer Hound
リファラーは、クライアントがリンク先サーバに渡すものであり、リンク元サーバはこの過程に関与していません。もしクライアントが嘘のリファラー情報を渡しても、リンク先サーバはそれを検証しません。
 このため、宣伝したいサイトのURLをリファラーで渡すと、それがそのまま「今日のリンク元」に表示されました。このことを利用して、偽のリファラーを無差別に絨毯爆撃し、「今日のリンク元」を通じて宣伝効果をあげようとするのが、リファラースパムです。

対策としては、リンク元に自サイトへのリンクが実際に存在するかどうか?をチェックするということですね。
#track feedとなんだか似てますね

まあリンクを生成するのは簡単なので、
最終的にはそのページを信用できるかどうか?
あるいはそのページと自分のページとの間に相関性があるか?
をチェックした後にTrackBackや「今日のリンク元」として受け付ける、
なんてことが将来的に一般的に利用される?

そうはあんまり思えないですね。
ちょっとややこしすぎ。
もっと簡単な仕組みが発明されそう。

***

ちなみに某社のアクセス解析ツール、結構良いかもです。
ASPで安いですし(PVにもよりますが月5万円〜)
良かったら導入してみませんか?w
とりあえずハンズオンに参加してみようかな。