まさかの日記

最近まともな文章しか書けなくなってきました

 # Aimerが出るというので見ているのですが

学園祭でBe my babyやったなーとか

ドラムとベースはミュージシャンにその後なった某氏(サンプラーとシーケンサで当日朝に作ってた)、ボーカルは群馬のNKSに就職した某氏、ギターは自分

それで、就職が決まって半年後には上京することが決まってからの数ヶ月の間のなんともいえない感じを思い出したり。
なにかが変わる期待と、不安で足元が落ち着かない、どこか遠くの宇宙に飛んでいくような感じ。あれからもう30年以上経ったのか。。






連想力が強化され点と点とをつなぐみたいなところには強みを発揮していくようになっていくが、一方で緻密にやれなくなった

と言いつつ雑に高速にできる、というところを期待されている一面もある

しかし一定の計画性も必要

という状況のため、じゃあどうするかというと



一旦雑にやる→計画立てる


というのが良さそう

まー個人的にやってることを仕事に活かす、みたいなことをやるのはそういうことだなと

そういうのを期待してしまうというのもあると思う

中途採用というのはそういうこととも言える。つまり教育コストを上乗せして即戦力中途を採用するのか、新卒採用に絞ってコスト負担を自分でするか(してない場合もありそう。その場合は退職者が増える、という因果関係


このままだと高付加価値持った状態で転職できないな。。と思ったら辞めちゃう。という構造。(だいぶ付加価値ついたからそろそろ転職して給料あげよう、っていうのもあるだろう



みたいな話を色々考えたというだけの話


 


若手声優(あんまり若くない人も混じってるけど)を使ったキャラを出して若返りを図っているということか

 まあマネタイズは重要だし、悪くないかと

 アニメ版メイドラゴンの声優がチョロゴンズとして活動するようなものだ


 アネモネは観ました。アネモネ有ってのエウレカセブンだなと

姉だけが住んでる状態を実家と呼んでいいのかわからんですが

実家出てから数回引っ越ししており、よくある「実家の自分の部屋は昔のまま」みたいなわけでもないし

実家出てから30年経つわけですが。歳とったな〜という


こんなのが出る件(めっちゃ古いまま使ってるのがいけないのだけど)

no matching key exchange method found. Their offer: diffie-hellman-group-exchange-sha1,diffie-hellman-group14-sha1,diffie-hellman-group1-sha1


これで解決

% cat .ssh/config
KexAlgorithms +diffie-hellman-group1-sha1


プロフェッショナルSSL/TLS
Ivan Ristić
ラムダノート
2018-06-04

左の小指の先端でshift keyを押しつつ、指の腹でコントロールキーを押すのがなかなかしんどい

赤のれんはラーメンというよりはメンマが特徴的
まあ平麺も特徴ではあるけど

都内では東銀座やまちゃんの次に通っているかな

メニューの裏に由来みたいなのが書いてあるのですが、まあなんというかほんとかなという感じのことが色々書いてある(これは一覧にも言えるが)

とんこつラーメンというものは基本的には戦後に中国から帰ってきた人もしくは日本に帰化した人が作って食べてたものが魔改造されたものという理解

北九州、福岡、長崎、という玄界灘側の文化はほぼほぼ中国の由来のものだと思う。特に戦後。

とここまで書いて思い出したけど、うちの父方の祖父も、母方の祖母も人生において中国と大きな関わりを持っていたのであった

夜やる事もなく、翌日の予定も特になく、漫画読んで眠くなるまで起きてて、みたいな感じになってる、ってのをたまに想像する

って今考えてる事ももちろん覚えてないし


みたいなこと考えると、mbp16 メモリ32gくらい買っといてもいいかという気がしてくる


↓またAmazonでは買えないようだ


越谷駅まで行った
良さそうなところだった。

かつて一度栄えたりした土地や、そうで無くこれからのところ、とか色々ある。単に電車が通って住宅地として開発された、とか私鉄沿いはそういう雰囲気。具体例としては西鉄大牟田線

健康診断で目玉がどうのこうのというのが出て紹介状が出たのでビビりながら城山ガーデンに新しくできた眼医者に行ったら、まあ、そんなに悪く無い。まあ普通。経過観察、みたいなことになった

それでどうこうしたいというのもないけど。

結局その辺を素通りする人生だったので、ちゃんとやっときたいかなと


本屋に行ったらPythonの本ばっかりでビビった
あとpuppeteerの本があったのには驚いた





って自分一人でやってるわけでもなんでも無いですが。。むしろ足を引っ張っているというか。まあ一応リリースはリリース。

IpadOSというかiosはバックグラウンドアプリは20秒程度で終了してしまうよう変更になったらしい(昔はもっと長かった。10分とか) すると問題になるのはSSHクライアントアプリなどで、うっかり裏に回して何か別のことをしてしまうとセッションが終了してしまうというのが頻発していた(ついさっき体感した)  がこのpromptというアプリはログイン直後に入力するコマンドっていうのを設定できて、そこでtmux aとか書いておけば直前のセッション(tmuxの)に自動的に再接続してくれて便利だったりするのだが、よくよく見ると接続の維持というオプションがありそれを有効にすると風呂に入って出てきてもまだ普通にセッション残っているのでこれで良いやんという  

あ、ipad miniが届いて(というか実際はわざわざ取りに行った)、色々いじっているところという話です。控えめに言って最高

だなあと

一つ前のやつだと発熱がけっこうすごい ipadで発熱するっていうイメージがあんまりなかったので以外 電池の減りも速い気がする このへん最新のiPad miniだとどうなるか非常に楽しみなところ


黒田さんの本を見ながら、さくらインターネットのクラウドサービスにsshにログインしてdocker起動したりして遊びたいなと


このページのトップヘ